10月2日と15日にウクライナ関連の交流会を実施します。

8月に開催したオンライン交流会にはたくさんの方にご参加を頂き、誠にありがとうございました。

第三弾・第四弾として10月2日(日)と15日(土)のいずれも16:00~17:30にオンラインでの交流会を開催いたします。


2日は講師に、生物学博士・英語教師のエレナ・シュヴァルツ氏、元国際IC評議会事務局長のジョン・ボンド氏を、また15日はICボランティアのアンジェラ・スターヴォイトワ氏をお招きしています。


参加ご希望の方は、事務局(info@iofc.jp)迄、ご希望の日にちを明記してお申し込みください。ZOOMのリンクをお送りします。


皆様、どうぞお気軽に奮ってご参加ください。








閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本年2月以来のロシアによるウクライナ侵攻は、その悲惨な戦況により多くの避難民が発生し、世界に大きな衝撃と影響を与えています。 私ども国際IC日本協会では、先ずはウクライナの現況を知り、その上で祖国と住み慣れた土地を離れざるを得なくなったウクライナからの避難民の方々を如何にお迎えして、ともにその困難な状況をどのように過ごしていくべきか考える機会を持ちたいと思いました。 そこで、8月11日(木曜、山の

3月26日に公益社団法人国際IC日本協会会長に選出を賜りました。 土光敏夫さんから矢野弘典さんに至る歴代会長に比べて非力ではございますが、精いっぱい務めてまいりますので会員の皆様のご支援をお願い申し上げます。 私が、この過分のお役をお受けした理由は以下の二つでございます。 一つは、「自分が変わり、社会のお役に立つ」という生き方を授けて下さった日本内外のMRA/ICの皆さんに恩返しをしたいという強い